茶のしずく石鹸被害救済大阪弁護団が被害者サポートを行っています。

 

○ご相談の受付を終了いたしました

茶のしずく石鹸被害救済大阪弁護団では,平成24年9月15日(土)をもって,被害者の方

からの新規のご相談の受付を終了いたしました。 すでに弁護団にご依頼いただいております方

々の訴訟等の取り組みは,今後とも継続して行ってまいります。  

 平成24年9月16日                       

 弁護団長 弁護士 児玉憲夫                       

 事務局長 弁護士 日高清司


 

訴訟提起のお知らせ

 茶のしずく石鹸被害救済大阪弁護団では,平成24年4月20日(金)に,大阪地方裁判所において,株式会社悠香らに対する訴訟を提起しました。 茶のしずく石鹸による小麦アレルギー被害者64名を原告とし,被告である株式会社悠香(福岡県大野城市),株式会社フェニックス(奈良県御所市)および株式会社片山化学工業研究所(大阪市東淀川区)に対して,損害賠償を求める訴訟です。

 また,同日,東京や福岡などの弁護団においても,各地の裁判所において,株式会社悠香らに対する損害賠償請求訴訟を提起しました。

 

 茶のしずく石鹸被害救済大阪弁護団では,今後も被害者救済に取り組んで参りますので,茶のしずく石鹸によるアレルギー被害でお悩みの方はご連絡ください。

 

 

 平成24年4月20日

 弁護団長 弁護士 児玉憲夫

 事務局長 弁護士 日高清司

 

 

 私たち「茶のしずく石鹸被害救済大阪弁護団」は,株式会社悠香等が製造販売した「茶のしずく石鹸」(平成22年12月7日以前製造分)の使用したことが原因と思われる小麦アレルギー症状でお困りの被害者の方々の救済等の一助になればと考えて,大阪弁護士会所属の有志の弁護士によって結成された弁護団です。

 茶のしずく石鹸による小麦アレルギー被害については,これまで全国各地の消費生活センターに多くの被害相談が寄せられていること,また各地の弁護士会ないし弁護団でおこなった本件についての110番に多数の方々の被害が寄せられていることから,多数の重篤な被害が発生していると考えられるところ,他方でその救済が適切になされておりません。

 茶のしずく石鹸被害救済大阪弁護団では,このような現状を踏まえて,他の弁護団とも連携をとりながら,早期適切な解決を目指して取り組んでいきたいと考えております。

     平成23年8月30日

             弁護団長 弁護士 児玉憲夫 
             事務局長 弁護士 日高清司

 

新着情報

2012.9.15  ご相談の受付を終了いたしました。「よくあるご質問」の公開を終了しました。

ご注意ください!茶のしずく石鹸被害救済大阪弁護団へ携帯からメールを送られた場合、インターネットからのメールを受信拒否にされていると、返信を受信できません。

茶のしずく石鹸によるアレルギーに関するリンク